眼精疲労に効くサプリ@人気商品徹底比較

眼精疲労サプリで人気な商品を比較

眼精疲労から現れる色々な症状

 

目の疲れというのは、疲れ目と眼精疲労に分かれているのですが、どのような違いがあるのかを理解していらっしゃいますか?まず疲れ目というのは、眼を休ませれば疲れが取り除かれます。反対に目を休ませても一時的にしか症状が治まらなかったり、一時的にも症状が緩和しないものを眼精疲労といいます。

 

つまり疲れ目よりも眼精疲労のほうが症状が重いということです。目と関係している筋肉が緊張してしまっていることが、眼精疲労の原因になっています。この筋肉の緊張というのはどういうことなのでしょうか?

 

目や目に関係している筋肉が緊張してしまっているということは、長時間液晶画面などを見ている状態です。パソコンなどを見る時、あまり距離が無いですから、それだけ毛様体筋と言われる筋肉が緊張してしまっている状態です。また、画面を見ている時、眼球はほとんど動くことが無いですから、眼を酷使させてしまっているのです。

 

この目や目に関係している筋肉が緊張し続けることによって、首凝りや肩こりの症状まで出てしまったり、頭痛に悩まされてしまったりするのです。これ以外にも、眼と眼鏡の度数が全然合っていなかったり、視力が低下してしまっていることで眼精疲労になるということもあります。さらに緑内障やドライアイが原因になっているケースも少なからずありますし、ストレスを貯めてしまっていて、眼精疲労になるケースも有るのです。

 

ですので、急激に眼精疲労に悩む人も多くなっていっています。また、体に痛みを感じたり、食欲不振や胃痛、便秘などのように眼とは一見関係ない部位にも症状が現れてしまうのです。さらに、うつのような症状や焦燥感、不安感などといった精神的な症状まで出てしまうケースも有ります。

 

眼精疲労によるかすみ目の原因

 

眼が霞んでしまっているのは老眼になってしまっているからではないかと思っている人もいるかもしれません。確かに老眼でもかすみ目になってしまうこともあるのですが、眼精疲労によってかすみ目になってしまっていることもあるのです。

 

近くを見るときになかなかピントを合わせづらいと感じていたり、何かを見るときにぼやけてしまうという状態をかすみ目と呼ぶのですが、眼がどんな状態になってしまっていることで、このようなかすみ目になってしまうのでしょうか?何かを見るときにピントを合わせているのは、水晶体の厚みをコントロールする毛様体筋と、レンズとして働いている水晶体になっています。

 

どちらもちゃんと機能を保っているのであれば、遠くのものを見る際には水晶体が厚くなり、毛様体筋は伸びている状態になります。反対に近くのものを見る際には、水晶体の厚みは薄くなり、毛様体筋が収縮することになるのです。毛様体筋の伸縮によって、水晶体が薄くなったり厚くなったりしているのです。

 

そして、水晶体によって屈折された光によってピントを合わせたり、色の判別などをしています。しかし毛様体筋がちゃんと機能しなくなってしまうと、ピントも合わせづらくなってしまいます。これによってかすみ目の状態になります。

 

では、どうして毛様体筋の働きが弱くなってしまうのでしょうか?デスクワークをしていたり雑誌やテレビなどを見ている時、それだけ眼を使っているということになります。これらは近くにあるわけですから、毛様体筋は常に緊張して収縮してしまっている状態になり、だんだん疲れが溜まっていきます。

 

このような状態を長時間続けていると、いざ遠くのものを急に見るときに、毛様体筋が疲れてしまっていて、すぐにピントをあわせることができなくなってしまうのです。これが疲れ目や眼精疲労によってかすみ目の状態になる原因になっているのです。

 

疲れ目の原因というのは、これだけではありません。斜視や遠視、近視などになってしまっているのに、ちゃんとメガネなどを使って矯正をしていない、または矯正をしていても全然視力と合っていない場合、それだけ毛様体筋を酷使してしまうことになります。ですので、このような場合も毛様体筋を疲れさせてしまうことになるのです。

 

眼精疲労を自分で回復させるための方法

 

最近は仕事中だけではなく、プライベートでもパソコンを使用しているという人が急増しています。このようなことをしていると、目にも体にも悪いですからおすすめしません。パソコンなどを使っていることが多いのであれば、それだけ目も疲れてしまい、眼精疲労に発展しかねません。

 

自分で行うことができる目の疲れを取り除く方法を実践して、眼精疲労対策をするようにしましょう。ここで紹介をする方法は、自宅でいつでも実践できる内容になっています。ですので、空いている時間に実践して、目の疲れを回復させるようにしましょう。そもそも眼精疲労や疲れ目というのは同じものだと思っている人もいるのではないでしょうか?

 

確かに言葉で見ると同じようなものだという印象を受けるものですが、意味は違っているのです。まず疲れ目というのは、しっかり睡眠を取れば目の疲れも解消されるものです。ですが、眼精疲労になると、しっかり目を休ませているのに、目の疲れが取り除かれなかったり、頭痛や目の霞などといった症状が出てしまうのです。

 

この眼精疲労が続いてしまってひどくなってしまうと、不安感やうつなどといった自律神経失調症に発展してしまうこともあります。ですから、眼精疲労も目の疲れが溜まっているだけだと思っていると、後で後悔しかねません。

 

・眼精疲労の原因は?
その人によって眼精疲労の原因が違っていたりしているのですが、大体の場合は、長時間読書やテレビ鑑賞、スマホやゲームパソコンなどをすることで目を使いすぎてしまっていることが原因になっています。

 

眼精疲労を解消していくのであれば、まずどうして眼精疲労になってしまったのかを明らかにして、その原因を解消させなくてはなりません。眼精疲労になりやすい原因として、次のようなことに当てはまっていないか確認をしてみてください。

 

・目線よりも下にパソコンのモニターがあるか?
目の位置よりも下にパソコンのモニターやキーボードがありますか?目線と同じくらい、または目線よりも上にモニターがあるのは目に負担がかかりやすくなってしまいます。

 

・普段座っている時の姿勢を確認しよう
椅子などに座って仕事をしている時、腰や背中が歪んでいたり、猫背の状態になっていませんか?このような姿勢で座っていると目に負担がかかりやすくなってしまい、眼精疲労になりやすくなってしまいます。ですので椅子に深く座るようにして、真っ直ぐの状態で座るようにしましょう。